HOME>レポート>車検証などを事前に揃えてから事故車の査定をするとスマート

車検証などを事前に揃えてから事故車の査定をするとスマート

ハンドル

どのような特徴か

事故車とは、事故を起こしてフレームが曲がってしまった自動車や完全に壊れた自動車のことを意味します。壁などにぶつけて板金塗装で修理できる程度では、事故車と扱われません。もし事故車を所有している場合査定をする場合の特徴として、そのまま自動車として販売できるかが重要になります。自動車として販売できると判断した場合には、査定額もそれなりに高くなりますが、そうでない場合は査定額が低くなるでしょう。ただ、一般的には事故車になると廃車にしなければならず費用がかかるため、たとえ査定をして安い金額だったとしても売却してしまった方がお得になります。事故車といえども、使えるパーツをばらして再び売却することができるためそれなりの料金で買い取ってくれる可能性があります。

おもちゃの車

準備をどのように行うか

事故車を査定して売却する時に必要なもののひとつは、運転免許証になります。そもそもこれがないと事故車の査定すらしてくれない可能性があります。免許証以外には、車検証や自賠責保険省が必要です。通常は、ダッシュボードの中に自賠責保険証や車検証が含まれているファイルがあるはずです。さらにそのファイルの中にはリサイクル券も一緒に入っているはずですがこれも必要になります。委任状が必要な時は委任状を用意します。譲渡証明書は業者の方で用意してくれますが、実印を押さなければならないため実印を用意しておきましょう。実印がある場合には、必ず市町村に印鑑届をしているはずです。届けがしてあれば、印鑑証明書も役所から取り寄せる必要があります。